DSCN0435


北米ツアーの前にBABYMETAL一同の安全と成功をお祈りすべく
日本三大稲荷の一つ、愛知県豊川市にある豊川稲荷に行ってきました。
世界のイチローも毎年、お正月になるとここに参拝するそうです。

さっそくですがレポートをお届けします。






まずはじめに、この問いに答えなければなりません。

なぜ、豊川稲荷なのか?

日本各地に狐を祀る風習があり、数多く存在する稲荷の中で
豊川稲荷はBABYMETALと縁のある稲荷なのDEATH!!
 
2013年6月22日、渋谷タワーレコードにて行われた
新曲
「メギツネ」のヒット祈願奉納会。

BABYMETALはゆるキャラ”いなりん”と共に
愛知県の豊川市から届けられたといういなり寿司を
メタルの神様であるキツネ様に奉納しました。



ナタリー
ベビメタ、いなりんと嶺脇社長と新曲ヒットをお祈りDEATH



うだるような暑さの中、ポンコツ自動車で出発した私は
カーナビ無し、地図無しで道に迷いながらも、
キツネ様のお導きにより3時間かけて到着。

ここが入り口、敷地はかなり広く一通り見て回るのに1時間程かかりました
混雑してたらもっとかかりそうですね。
平日の午後5時頃到着した為、閑散としてました

DSCN0423



さっそくキツネ様発見


DSCN0425


【庭園】

じゃぱにーずがーでん!
長い渡り廊下がやたらとかっこいいDEATH

DSCN0476


【本殿】
見事としかいいようのない佇まい


DSCN0475





DSCN0435



本殿前のキツネ様


DSCN0434


豊川稲荷の入り口から続く表参道
きつねバーガーに興味を抱くも閉店後でした



DSCN0478


BABYMETALと一緒に「メギツネ」のヒットを祈願した戦友、いなりんのグッズ


DSCN0481


【次回予告】

BABYMETALの聖地、豊川稲荷へ行ってきました~その2~
豊川稲荷の最奥地にあるパワースポット「霊狐塚」を中心にお送りします



豊川稲荷を歩いてみて、目を引いたのが建物。
配置が絶妙で、それぞれが芸術作品として確立し、
威風堂々とした造りとなっております。

また彫刻が素晴らしく、木目を生かした立体感、
豊かな表情、筋骨の迫力、おとぎ話の1シーンをそのまま切り取ったような描写です。

誰の作品だろうと気になって看板を読んでみると
その多くが「諏訪の和四郎」とあります、巨匠立川和四郎富昌の作品でしょうか、
立川一門の残した彫刻作品は国や県の重要文化財に指定されております。
間近で見た時に、大いに感銘を受けました。